本文へ進みます

一部の端末・OS・ブラウザで弊社ウェブサイトがご利用いただけなくなります

インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポート終了についてご案内いたします。

ヤマハ発動機ウェブサイト(以下、弊社ウェブサイト)では、お客様の情報を保護し、より安全に弊社ウェブサイトをご利用いただくため、2018年9月1日以降、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0 / 1.1」のサポートを終了いたします。
これにより、「TLS1.2」に対応していない一部のブラウザや端末(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)から弊社ウェブサイトをご利用いただけなくなります。
※「TLS1.2」に対応していないブラウザや端末では、すでにご利用いただけないコンテンツもございます。

最終更新日:2018年6月15日

対応方法

パソコンをお使いの方

対象OS:Windows XP、Windows Vista以前、MacOS X 10.8以前

新しいOSへのバージョンアップが必要となります。
 Windows 7、Windows 10、MacOS X 10.9以降のOSをお使いください。
お使いのパソコンが新しいOSに対応していない場合は、パソコンの買い替えが必要となります。

対象ブラウザ:Internet Explorer 10以前、Chrome 29以前、Fire Fox 26以前

ブラウザのバージョンアップが必要となります。
利用できる最新バージョンのブラウザをお使いください。

スマートフォン・タブレットをお使いの方

対象OS: iOS 5.0.1以前、Android 4.4以前における標準ブラウザ環境

新しいOSへのバージョンアップが必要となります。
Androidの場合はAndroid 5以降、iOSの場合はiOS 9以降へのバージョンアップを推奨します。
お使いのスマートフォン・タブレットが新しいOSに対応していない場合には、端末の買い替えが必要となります。

対象ブラウザ: Chrome 29以前、Fire Fox 26以前

ブラウザのバージョンアップが必要となります。
利用できる最新バージョンのブラウザをお使いください。

本セキュリティ強化の背景

TLSとは、ウェブサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。
「TLS1.2」は「TLS1.0」「TLS1.1」に比べ、より強固な仕組みを使っています。今後もより安全に弊社ウェブサイトをご利用いただくために、「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化し、「TLS1.2以上」をサポート対象としました。 なにとぞご理解を賜りますよう、お願いいたします。

ページ
先頭へ