本文へ進みます

YA-1 ストーリー

ヤマハ発動機第一号機:YA-1の時代背景ストーリーをご紹介します。

ストーリー Story ヤマハ発動機の歴史はここから始まる 第一回全日本オートバイ耐久ロードレース 優勝 ヤマハオートバイ

ヤマハ発動機の創業

YA-1 ストーリー 写真

ヤマハ発動機が誕生した1955年(昭和30年)当時、日本は神武景気と呼ばれる好景気に沸いていた。冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などの電化製品が一般家庭に入り込み、経済白書には「もはや戦後ではない」という力強い言葉が記された。
戦時中、軍用飛行機の可変ピッチ・プロペラを製造していた工作機械を利用して「新しい事業ができないものか」と思案していた日本楽器製造(現・ヤマハ株式会社)の川上源一社長は、モーターサイクル事業への進出を決意する。戦後林立した多数の二輪メーカーによる販売競争がもっとも激しかった時代である。最後発の参入ではあっても、「世界に通用する製品を造れば、十分に需要を獲得できる」との判断だった。
そして1955年2月、第一号機「YA-1」の販売を開始。
7月1日には日本楽器からモーターサイクル製造部門を分離・独立させ、ヤマハ発動機株式会社が設立された。

YA-1 ストーリー 写真

YA-1の開発、誕生

YA-1の開発は1954年3月にスタートし、2カ月後、早くも試作一号機を完成させるハイペースで進行。常識はずれの集中力が生んだ早業により、開発開始からわずか半年あまりで、10台の試作機をそろえて10,000kmものハードな実走テストを行い、型式認定取得までこぎつけたのだった。
このYA-1が、ドイツ・DKW(デーカーヴェー)社の代表的モーターサイクルRT125を範としたことはよく知られている。RT125は、エンジンの構造がシンプルで信頼性が高く最適なお手本であり、スリムで美しいシルエットも楽器作りから転身した技術者の意欲をかき立てるものだった。
モーターサイクルは黒いカラーリングが当たり前だった時代、YA-1はマルーンとアイボリーに塗り分けられた外観が鮮烈で、高精度・高品質を維持するため1台1台手作業による仕上げが施され、厳しい品質検査をくぐり抜けた製品だけが市場に送り出された。DKWのRT125を手本とするモーターサイクルが世界中に数多く存在したが、とりわけYA-1は仕上がりの良さで群を抜いていた。

YA-1

第3回富士登山レースへの参戦

YA-1 ストーリー 写真

しかし、後発メーカーのハンデは歴然と存在する。当時の人々にとって「ヤマハ」はあくまで楽器メーカーであり、YA-1がいかに美しく高品質であろうと、知名度の低さや価格の高さは致命的な足枷だった。
川上源一社長(当時)は、YA-1の優れた性能と品質を証明すべく、富士登山オートレース全国大会への参加を決断する。だが、開催日までに残された時間は1ヵ月半。その間にYA-1を優勝できるマシンに仕上げなければならない。しかもマシンは市販状態のものに限られており、改造せずにエンジン出力を上げるにはどうしたらいいか、極限状態とも言えるチャレンジが始まった。
そこへ幸運が舞い込む。DKW社製RT125の新型マフラーをYA-1に装着してテストをしてみると、それだけで0.5馬力パワーが上がったのだ。驚いた技術者たちはすぐにその原因追求に取りかかり、2ストロークエンジンの性能がマフラー形状によって左右される(カデナシー効果)ことを初めて知った。この日からレースまでの一週間、技術者たちはこれまでに費やした時間を取り戻すかのように、寝る間も惜しんで純正マフラーの改良に全力を注いだ。

YA-1 ストーリー 写真

勝利という目標に向かって

一方、レースで勝つためには優秀なライダーの育成も必要である。東京の二輪販売店に相談して10人のライダーを集め、そのまま静岡県富士宮市内で合宿を開始した。来る日も来る日も、登山道を繰り返し走り続けるハードトレーニング。そのライダーたちを全力でサポートする浜松工場のスタッフたち。
こうして迎えた大会当日、YA-1に乗る岡田輝男が、タイムトライアル方式のレースで29分07秒を記録して125ccクラス優勝。さらに3位、4位、6位、8位、9位までYA-1が独占する快挙を成し遂げた。

さらに3カ月後、長野県浅間山麓の北軽井沢運動場を出発点とし、浅間牧場から鬼押出しを経由して北軽井沢に戻る一周19.2kmのコースで「第1回浅間高原レース」が開催され、ここでもYA-1が1位から4位を独占(優勝/日吉昇選手)。
国内の二大レースを制したヤマハ発動機、YA-1の名は、一気に全国のモーターサイクルファンの知るところとなった。

YA-1 ストーリー 写真 YA-1 ストーリー 写真

また何ごとも全力で挑戦すれば必ず道は開ける、という教訓=チャレンジスピリットをチーム全員が身をもって経験し、共有できたことが大きな財産となった。これをきっかけに、ヤマハは数々のレースに挑戦。モーターサイクルメーカーとしての基盤を確立していく。

第一回全日本オートバイ耐久ロードレース 優勝
ページ
先頭へ