本文へ進みます

超精密ペーパークラフト:YA-1 予告ページ 第2弾

2017年末登場 - 超精密ペーパークラフトで甦る、ヤマハ発動機 第壱号機「YA-1」。

超精密ペーパークラフト 予告ページペーパークラフトのトップページへ

超精密ペーパークラフトで甦る、ヤマハ発動機 第壱号機「YA-1」。聖地「浅間山」でイメージカットを撮る 記。2017年末公開(予告)

YA-1というモデルのディテール、そして伝説を知っていてほしい

YA-1 ギャラリーサイト

1 ことの始まり

「その思いは60年前から」ポスター

ここに1枚のポスターがある

1955年11月5日、YA-1が1位から4位までを独占した第一回浅間高原レース。
その浅間高原の地にYA-1を置き、撮影された写真がある。ヤマハ発動機創立60周年を記念して制作された企業ポスターだ。
「その思いは60年前から」
ヤマハ発動機の企業理念である「感動創造」、そしてチャレンジスピリットの礎は、浅間の地での挑戦と栄冠を原点としている。

ならばペーパークラフトのYA-1も浅間山に!

ペーパークラフト20周年を記念して制作する「YA-1」。
「YA-1」をクラフト化し、今の時代に甦らせること、それはまさに1955年当時の思いをそのままに、これからも挑戦を続けるという強い意志表明でもある。
ならば!
その意思をより明確に表現するためにも、やはりこの地に、ペーパークラフト「YA-1」を降り立たせたい!

2 浅間山ロケ

ポスターの写真が撮影された未舗装の荒地は、綺麗に舗装されて駐車場になり、完全に様変わりしていた。

まだ薄暗い浅間山麓。朝5時前に撮影現場に到着し、懐中電灯の灯りをたよりに、前日に決めた撮影ポイントで設営を開始。
YA-1は静かにその出番を待っている。

雲に覆われて稜線が隠れた状態では意味がない。2017年の夏は、日本各地で突発的な豪雨があり天候が読みにくかった。週間天気予報でもロケ日を決めることは難しく、事前に予定していたロケハン(撮影場所の確認)も天候不順で何度も延期に。
あとは運任せである。

3 特撮の撮影方法を取り入れて

超精密ペーパークラフト「YA-1」は、シンプルなシェイプをきちんと再現するため、
他の超精密シリーズよりも縮尺率は若干小さく、完成状態で全長495mm。

手前にミニチュアサイズの実景を作り、
大自然と同じフレームに入れる!

特別な許可を得て撮影しています

あとは浅間山から雲が逃げていくのを、
ただひたすら待つだけ、待つだけ!

ページ
先頭へ