本文へ進みます

1982年 Venture Royale (XVZ12TD)

展示コレクションの情報

(1982年/市販車)

Venture Royale (XVZ12TD)

ヤマハのモーターサイクルで最大排気量・最大出力となるエンジン(当時)を搭載したロングツアラー。主にアメリカ市場向けに開発され、水冷・DOHC4バルブ・V4エンジン、シャフトドライブ、大型フルフェアリング、AM/FMカセットステレオ、コンピュータ制御の前後サスペンションなどを採用し、快適なロングクルージングを可能にした。このモデルのエンジンが3年後に登場するVMAXのエンジンのベースとなった。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,470mm × 940mm × 1,490mm
  • 車両重量: 341kg
  • エンジン型式: 水冷, 4ストローク, DOHC, 4バルブ, V型4気筒, 1,198cm³
  • 最高出力: 66.2kW(90.0PS)/ 7,000r/min
  • 最大トルク: 102.0N・m(10.4kgf・m)/ 5,000r/min

※海外向けモデル

※展示製品は1983年モデル

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ