本文へ進みます

1982年 XJ750D

展示コレクションの情報

(1982年/市販車)

XJ750D

エアロダイナミクスを追求し、国内市場初となるフルカウルを採用したモデル。先進的なスタイリング・外観が見る人に抱かせるイメージにふさわしく、電子制御の燃料噴射システムYFIS、マン・マシン・インターフェイスを促進する「ヤマハ・サイクル・コミュニケーション・システム」など、当時のヤマハ発動機のエレクトロニクス技術の粋が盛り込まれていた。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,170mm × 730mm × 1,365mm
  • 車両重量: 231kg
  • エンジン型式: 空冷, 4ストローク, DOHC, 2バルブ, 並列4気筒, 748cm³
  • 最高出力: 51.5kW(70.0PS)/ 9,000r/min
  • 最大トルク: 60.8N・m(6.2kgf・m)/ 7,000r/min
  • 販売価格(当時): ¥850,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ