本文へ進みます

1983年 RZ250R

展示コレクションの情報

(1983年/市販車)

RZ250R

2ストロークスポーツ市場を大きく活性化させたRZ250の後継モデル。新設計の並列2気筒エンジンに、市販モデル初となる可変排気バルブ「YPVS」、電子進角式CDI点火を採用し、クラス最高の43PSと好燃費を実現。またレーサーイメージのワイドなダブルクレードルフレームの車体には、バリアブルダンパー付きフロントフォーク、ニューリンク式モノクロス・リアサスペンションなどを装備し、優れた操縦性とレーシングスピリットあふれるスタイリングを両立させた。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,095mm × 710mm × 1,170mm
  • 車両重量: 145kg
  • エンジン型式: 水冷, 2ストローク, 並列2気筒, 247cm³
  • 最高出力: 31.6kW(43.0PS)/ 9,500r/min
  • 最大トルク: 33.3N・m(3.4kgf・m)/ 8,500r/min
  • 販売価格(当時): ¥399,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ