本文へ進みます

1985年 FZR750(0W74)

展示コレクションの情報

(1985年/レースマシン)

FZR750(0W74)

市販スポーツモデルFZ750をベースに開発された耐久レース仕様のTT-F1ファクトリーマシン。DOHC5バルブ・並列4気筒エンジンの特徴は、ホイールベース短縮のために前傾45度から35度に変更されたシリンダー傾斜角とF.A.I.(フレッシュ・エア・インテーク)の採用で、専用設計のアルミデルタボックスフレームに搭載された。1985年の鈴鹿8時間耐久レースではケニー・ロバーツ/平忠彦のペアが終盤マシントラブルによってリタイヤしたものの、圧倒的なパフォーマンスで観衆を魅了した。

  • エンジン型式: 水冷, 4ストローク, DOHC, 5バルブ, 並列4気筒, 749cm³
  • トランスミッション: 6速
  • 最高出力: 95.6kW(130PS)以上
  • アルミ・デルタボックス・フレーム

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて公表時点のものです。

ご注意:展示車両のカラーリングは当時の事実に基づいて再現されたもので、たばこブランドが表示されている場合についても当該製品の拡販を意図するものではありません。また、ヤマハ発動機グループは喫煙に起因する健康上、その他の被害に関わる責任を負いません。

ページ
先頭へ