本文へ進みます

1967年 R1

展示コレクションの情報

(1967年/市販車)

R1

ヤマハ最大となる排気量(当時)のエンジンを搭載したスポーツモデル。0-400m加速:13.8秒、最高速度173km/hの性能を誇った。新設計の350cc・2気筒エンジンはアルミシリンダー、リターン式5段変速機、オートルーブなどを採用して冷却性の向上と軽量化を実現。車体の面では、高剛性ダブルクレードルフレーム、テレスコピック式フロントフォーク、3段階調整式リアサスペンション、完全防水式ドラムブレーキなども備えていた。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,060mm × 770mm × 1,050mm
  • 車両重量: 170kg
  • エンジン型式: 空冷, 2ストローク, 並列2気筒, 348cm³
  • 最高出力: 26.5kW(36.0PS)/ 7,000r/min
  • 最大トルク: 37.3N・m(3.8kgf・m)/ 6,500r/min
  • 販売価格(当時): ¥228,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ