本文へ進みます

ヤマハの470艇

セーラーが最高のパフォーマンスを発揮できる470級ヨットを目指して

MENU

セーラーが最高のパフォーマンスを発揮できる470級ヨットを目指して

YAMAHA Sailing Team 'Revs'の結成と同時に立ち上げたヤマハ発動機の艇体開発プロジェクトでは、国際規格の枠組みの中で、トップセーラーが安心してレースに臨み、最高のパフォーマンスを発揮できる艇の完成を目指しています。

470級ヨットとは

470級は1963年にフランスで生まれた2人乗りのレース用小型ヨットで、主にヨーロッパを中心に世界で普及しています。日本では大学や実業団のヨット部の多くに採用されており、国体の正式種目(成年男子)となっており、世界でも多くのセーラーが世界選手権をはじめ、国際レースでの上位入賞を目指し活動しているクラスです。乗員2名の総体重130kgが適正とされ、海外セーラーに比べて小柄な日本人に適したヨットと言われています。建造においてはワンデザインが基本で、国際470協会の規則によってライセンスを付与された建造者が一定規格に基づいて製造しています。

新開発の470級ヨット

ヤマハ発動機はこれまでにも470級ヨットを製造し市販してきました。今回のプロジェクトでは、ヤマハの経験と技術をベースに、豊富な経験と見識を有する国内のセール・メーカー、セーリング・アナリストなど、セーリング界の様々な有識者の協力を得ながら、世界のトップセーラーが安心して、最高のパフォーマンスを発揮できる470級ヨットの開発を目指すものです。

開発コンセプト

470級ヨットの製造は世界で統一されたルールの枠組みの中で行われますが、その限られたアローワンス(許容幅)の範囲内で、いかに帆走性能を向上させられるか、様々なファクターの最適値を探り出し、具現化するかが開発のテーマとなります。

  1. 帆走時の船体抵抗の減少
  2. 規定重量を堅持しつつ艇体剛性を向上
  3. 艇体慣性モーメントの最適化

これらのテーマを、ヤマハが長年にわたって積み上げてきた「3D形状計測技術」「モーダル解析技術」「FEM解析技術」等の強みを駆使し、国内のセーリング有識者とのコラボレーションで具現化させていきます。また、試作艇のテストセーリングを重ねていく過程で、帆走性能評価に加えて、セーラーたちの操船フィーリング(主観評価)と艇体挙動(定量評価)との突き合わせも行い、セーラーがより快適に、より高いパフォーマンスを発揮できるヨットの仕様を追求していきます。

ページ
先頭へ