超える、を創る。
HOME

新卒採用情報

人材育成と働き方 INDEX

人材育成と働き方

キャリア形成

自分を超える「自分」を創る。

常に目の前の仕事に持てる力を出し切ることで、
その経験は血肉となり、次のステップへつながる――
スペシャリストへの道も、ゼネラリストへの道も、広がっていきます。

技術系社員のキャリアステップ例1

生産技術開発

製造系デジタルエンジニアリングの開発・展開を担当後、その技術を生かし、新規鍛造工法の開発に携わる。
その後、自ら開発した工法を量産へ展開。これらの生産技術の経験を生かし、駆動系部品の開発へ。

生産技術開発

技術系社員のキャリアステップ例2

制御系開発

制御設計を通して、各コンポーネントの知見を習得。その知見を生かし、車両全体の電子システム設計を担当。
品質管理業務では、製造(モノ創り)の知見も習得し、一回り成長。38歳でマネジャーに。

制御系開発

事務系社員のキャリアステップ例1

マーケティング

国内マーケティングを経験し、本社へ。
国内から海外市場を担当した後は、現地でのマーケティング実践を複数経験。
先進国マーケティングのスペシャリストを目指す。

マーケティング

事務系社員のキャリアステップ例2

事業企画

国内営業を通じてビジネスの基本を学び、本社のコーポレート部門(管理部門)を歴任。
海外駐在を経て、帰国後は主要事業の企画業務に従事。38歳でマネジャーに。

事業企画

※あくまで例であり、これらのキャリアステップを保証するものではありません。

Page Top