Open Nav

< BACK

理系内定者 日下 裕介

ヤマハ発動機を志望した理由は?

「輸送機器製品の開発者になり、また同時にその製品を楽しめる消費者でもありたい」という思いを軸に据え、企業選択を行いました。ヤマハ発動機への志望動機は「人機官能に強く共感したこと」が最も大きかったです。

選考過程で会った社員の印象は?

どのプレゼンテーションを行っている社員の方も「若いうちから仕事を任せてもらっている」という旨の説明をされていたので「主体性を尊重してもらえる風通しの良い社風」という印象を持ちました。

面接の印象は?

面接では他社と比べて形式的な質疑応答ではなく、人となりやモチベーション一つひとつを掘り下げて丁寧に聞いていただけた印象を受けました。面接前に、人事の方が「緊張がほぐれるように」と話す時間を設けてくれたのもよかったです。

入社の決め手は?

入社の決め手となったのは「四輪事業参入」をヤマハ発動機が掲げていたことです。輸送機器において内燃機関からモーター駆動への過渡期にある現在だからこそ、自身が新しい事業に携わりたいという目標があったためです。

ほかの内定者の印象は?

社交性に富んだ人が多い印象を受けました。

入社後の目標・夢は?

モーター駆動による次世代の輸送機器の開発に携わり、ヤマハ発動機史に残る名機をつくり出すことが私の夢です。

就活生へのメッセージ

つらく厳しいことがほとんどですが、自分自身を分析する良い機会ではあると思います。負けずにがんばってください。

理系内定者

Page Top