Open Nav

< BACK

文系内定者 加藤 雄幸

ヤマハ発動機を志望した理由は?

青年海外協力隊として2年間にわたって途上国で活動した経験から、海外とのビジネスの関わりが深い企業、そして人々の生活にインパクトを与えられる企業という軸で就職活動を進めました。その中でも海外売上高比率が高く、海外市場の開拓にも積極的なグローバルメーカーであるヤマハ発動機を志望しました。

選考過程で会った社員の印象は?

採用担当者の方には、常にベストな状態で面接に臨めるように配慮していただき、面接前の待ち時間の会話でリラックスして面接に臨むことができました。また学生を一個人として尊重した対応をしていただいたことが印象に残りました。

面接の印象は?

すべての面接で圧迫的なやりとりはなく、体育会や青年海外協力隊の経験、そこから学んだことなどを質問されました。エントリーシートの提出がない分、自分の経験や考えを率直に、しっかりと伝えることができたと思います。面接官の方にはすべての話を真摯に聞いていただきました。

入社の決め手は?

ヤマハ発動機は世界を舞台に自由な発想でチャレンジできる環境があると感じ、入社を決めました。モビリティの進化は私たちの生活を大きく変える可能性があり、世界中の人々の生活にインパクトを与えるチャンスがあることが魅力でした。

ほかの内定者の印象は?

自分の考えを持っている一方で、他者も尊重できる人が多いと感じました。

入社後の目標・夢は?

モビリティによって便利で豊かな世界の実現に貢献したいです。特に、途上国の持つ潜在的なエネルギーを、ヤマハ発動機の製品を通してより良い社会の実現につなげる仕事がしたいと考えています。

就活生へのメッセージ

就活中はまわりの人たちが気になることもあると思いますが、あせらず、悩んだらじっくり立ち止まって考えてみることも大切だと思います。

文系内定者

Page Top