先輩社員インタビュー

一覧へ戻る

調達業務

塚本 千夏

塚本 千夏

スムーズな生産を支えている、という自負とやりがい。

志望動機

「地元に戻って働きたい」という思いがあり、県内のさまざまな企業について調べる中で、ヤマハ発動機の業務職募集が目に留まりました。「業務で専門性を高め、エキスパートとして活躍してほしい」という言葉に惹かれ、自分の求める業務スタイルにマッチとしていると感じて志望しました。

現在の担当業務

調達本部に所属し、主に国内取引先からヤマハ発動機への部品の納入に関する業務を担当しています。綿密な計画に基づいて日々生産が行われている工場のラインへ、円滑に部品が供給されるよう、取引先とヤマハ発動機をつなぐ窓口業務です。
また、総合職であるバイヤーのアシスタントとして、納入以外の日々の業務サポートも行っています。デスクワークが主ですが、取引先との面談や、ときには工場訪問など、社外との関わりが非常に多い仕事になります。

日々の業務で心がけていること

疑問はどんどん解決して経験として吸収することです。幸いにも調達本部には業務職の先輩が大勢います。ルーティンワークは少なく、日々発生するさまざまな事案に対応をしなければならないため、経験がモノを言う世界です。疑問は溜め込まず、助言をもらいながら解決し、自らの経験として積み上げていくように心がけています。
また社外の方と関わりの多い職場のため、ビジネスマナーには特に気をつけています。取引先にとってはヤマハ発動機の顔に当たるので失礼のないよう、しかし堅くなり過ぎず、困りごとがあればすぐに相談してもらえるような、そんな関係性を目指しています。

塚本 千夏

仕事のやりがいと今後の目標

私の業務において最も大切なのは「部品の納入遅れによって工場の生産ラインを止めないこと」です。さまざまな要因で納入に問題が発生したとき、社内外のたくさんの方々と調整を行います。何とかラインストップを免れたときにこの仕事のやりがいを感じます。マイナスをゼロにする業務なのでなかなか目立つことはありませんが、私たちがいなければスムーズな生産はできないんだぞ、という自負はありますね。
今後はさらにモノ創りに関する知識を深めて、業務経験と部品の知識を兼ね備えたアシスタントのプロフェッショナルになりたいと考えています。

就活中の学生へひとこと

この会社を受けたとき、どの面接もリラックスして等身大の自分で臨むことができました。そんな自分を評価してくれた会社なので今も働きやすさを感じています。就活中はつい自分を良く見せがちですが、無理をしてしまってはその先何十年と苦しい思いをしてしまうかもしれません。ぜひ面接のときはリラックスして自分を表現してみてください。応援しています。