福利厚生制度

仕事と家庭の両立はとても大切なことですね。
社員のみなさんが長い間安心して働ける環境をしっかりご用意しています。
いくつかの事例をご紹介しましょう。

主な制度

産前産後休暇 産前46日(多胎妊娠の場合98日)及び産後56日以内の産前産後休暇を取得することができます。
母性健康管理に関する規定 妊娠中及び出産後1年以内に検診を受けるために通院する場合、休暇、遅刻、早退などが認められます。
通勤緩和の措置や、仕事内容の軽減、勤務時間の短縮など、状況に応じていろいろな制度を利用することができます。
育児休職 子どもが2歳の誕生日を迎えるまで、男女問わず休職することができます。
(毎年100名以上が利用しています。もちろん男性もいます。)
育児支援の制度
育児や介護のために短時間勤務やフレックス勤務の制度があり、たくさんの社員が利用しています。
時間外労働の制限や深夜勤務の免除など、育児をしながら働く社員を支援する制度が用意されています。
事業所内託児所 本社の近くに、託児所を用意しております。
勤務(残業)時間にマッチした延長保育(18:00~20:00)が取り入れられており、 仕事と育児の両立に役立てられています。
海外赴任帯同に伴う
退職者の再雇用制度
配偶者の海外駐在に伴い退職された方を、帰任時に再雇用する制度があります。

産休・育休取得社員インタビュー


さまざまな子育て支援制度のおかげで
安心して両立できています。

高柳

産休・育休の取得・復帰はスムーズでしたか?

ヤマハ発動機では、子育てを支援する各種制度を利用し、活躍している女性社員がたくさんいます。身近にも仕事と育児を両立している先輩がいたので、私自身、安心して産休・育休を取ることができ、復帰後の生活も自然にイメージできました。
また、実際に復帰する際には、業務の内容や量について意見交換する機会を上司が設けてくれました。無理なく両立できるよう気遣ってくれたのがうれしかったですね。
今は子どもの病気などで突然休まなければならないこともありますが、職場の方に理解があるので感謝しています。

復帰後はどのように仕事と育児を両立していますか?

会社の託児所に子どもを預けています。託児所といっても、ほかの保育園と同じように運動会や遠足などのイベントも盛りだくさんで、子どもの成長につながっています。また、会社から近いので送り迎えも助かっています。子どもも毎日喜んで先生のところに行くので、私も安心して出勤できます。短時間勤務も活用しています。
復帰してからは、仕事に育児に家事に……と毎日が本当にあっという間です。大変なときやつらいときももちろんありますが、それ以上に母親として子どもと一緒に成長しながら、仕事を通じて社会貢献できることには、何ものにも代え難い充実感や達成感があります。

高柳

女性の就活生の皆さんへメッセージをお願いします

ヤマハ発動機では、出産・育児という大きなライフスタイルの変化を、安心した気持ちで迎えることができ、公私ともにチャレンジを続けていくことができます。「出産後も働ける」というのは私が入社を決めた理由の一つでもあります。
また、女性が安心して長く働ける環境があるということは、世界中のヤマハユーザーの方々を大切にすることと同じくらい、社員を大切にしている証でもあります。これはヤマハ発動機ならではの魅力だと思います。