ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機 中途採用情報

職種マーケティング担当

About YMATヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)とは

ヤマハ発動機は、ロボティクス、知能化、IT領域の先進技術開発と、高度人材の獲得・育成、オープンイノベーションの推進を目的に、ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)を2018年6月14日神奈川県横浜市の新横浜に開設しました。

オフィス写真

目指す未来

「モノ+コト」で、新たな感動創造へ

ヤマハ発動機は「感動創造企業」という企業目的のもと、二輪車、船外機、ロボット、無人ヘリなど、多様な「モノ」を通じてお客さまに感動をお届けすることを使命としてきました。これからは、それらハードウェアとソフトウェア・サービスを融合させ、「モノ+コト」によって感動体験という価値を提供していきたいと考えています。
その手段の一つとして、2030年までにヤマハ発動機のすべての製品をコネクテッド化します。先進技術とデータを使いこなし、お客さまとつながる、製品とつながる、工場とつながる。それによって今ある事業をさらに強くし、また未来の事業を次々と生み出していく。それが我々の目指す未来です。「感動創造企業」という企業目的に共感し、エキサイティングかつスピード感あふれるプロジェクトを、一緒に推進してくれる仲間をお待ちしています。

YMATの活動

YMATで働く魅力

ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)で働く魅⼒を、5つの視点から紹介します。

魅力1ワクワクしながら専門性を拡張できる

当センターは、自らの専門性をワクワクしながら拡張していきたい方にぴったりな環境です。
そもそもコネクテッド、デジタル、ロボティクス領域は、ハードとソフト、リアルとバーチャルというように、異なる世界の境界線で今まさに革新が起きています。ご自身のキャリアと専門性を軸に、モビリティとロボティクスというヤマハ発動機の強みを活用していただくことで、あなたの新たな飛躍につながると考えています。

魅力2アイディアをどんどん試せる環境

ここでは、自ら考えたことを、自ら実行に移すことができます。お客さまの本当の課題は何か、自分とチームがそれに対してできることは何かを考え、どんどん新しいアイディアを試してみる。その結果がダイレクトにお客さまから返ってくる。そんな環境があります。「言ったもん勝ち」「やったもん勝ち」と言ってしまってもいいかもしれません(笑)。

魅力3トータルに取り組める喜び

狭い領域を追求するのではなく、上流から下流までトータルに携わりたい、という方にも最適な環境です。
新たなビジネスモデルの構築だけでなく、一人ひとりがベンチャー企業の経営者のように、仕事の新たなルールをつくる、既存のルールを変えるといったことにも取り組めます。

魅力4風通しの良い、フラットな風土

先輩・後輩の間にも部署の間にも垣根がなく、誰もが自分の意見を率直に言えるフラットな風土が、ヤマハ発動機には伝統的にあります。この風土が「アイディアをどんどん試せる」「トータルに取り組める」環境の土台なっています。

魅力5連携・協業を通じて成長できる

当センターはオープンイノベーション拠点として、先進技術領域における知見・強みを持つ企業・大学・研究機関と、幅広く連携・協業を推進していきます。さまざまなスペシャリストとの交流を通じて、自身の引き出しが増えますし、常に刺激を感じながら仕事に取り組めます。

求⼈詳細を⾒る

Talent求める人材

ヤマハ発動機には多彩な製品があります。それらを今後、どう企画し、どう製造し、どうお客さまに提案・販売するか。デジタル技術を駆使して、変⾰し、より効率的にし、より良い顧客体験の提供を実現していくことが、私たちの仕事です。そして、こうした取り組みを通じて、⼀⼈でも多くのヤマハ発動機ファンを増やしていきたいと考えています。
また、データを核にして、ヤマハ発動機を新しい姿に⽣まれ変わらせるような、チャレンジングな取り組みも進めていきます。私たちの熱意に共感し、ともにプロジェクトを推進してくださる⽅を求めています。

Interview社員インタビュー

ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)で働く社員に、働くやりがいと、この仕事に向いている⼈物像について聞きました。

マーケティング

「心地よい距離感」で、お客さまとの接点をデザインしたい
マーケティング
現在の仕事内容
お客さまとの接点を最適にデザイン

バイクを購入するお客さまとヤマハ発動機の最初の接点は、かつては販売店の店頭でした。しかし今は、ほとんどのお客さまがインターネットで下調べをしてから来店されます。つまり、最初の接点はインターネット上です。その接点から始まるお客さまとのつながりを、どう捉え、どう理解し、いつ、どのようなメッセージを伝え、製品を購入いただくか――デジタルデータを通じて最適にデザインし、事業貢献につなげていくことが、私たちのチームのミッションです。
抽象的な表現になりますが、「心地よい距離感」でお客さまとの接点をつくれたら、と考えています。たとえば、自分の信頼する人(家族・友人)が「この商品、すごく良かったよ」と言ってくれたら、心に残りますよね。そんな心地よさをデジタルの世界で生み出せたらと思っています。

この仕事のやりがい
感動という価値を提供できる、喜び

転職前は、クライアントの意思決定を支援する仕事をしていました。ヤマハ発動機に入社して私の中で大きく変わったのが、提案する相手が自社になったことです。自分の提案が、どのように実行され、どのような成果につながったか、最後まで見届けられるのが楽しいですね。ヤマハファン向けのイベントでお客さまが楽しんでいらっしゃる姿を見ると「私たちの製品は、本当に感動という価値を提供しているんだ」と実感してうれしくなります。
また、ヤマハ発動機の社員は「きちんと遊ぶ」というか、オフタイムを楽しむ雰囲気が社内にあふれていることも、いいなと感じています。私自身も転職前と比べ、オンとオフのバランスが良くなったように思います。

この仕事に向いていると思う人
柔軟性や順応性が求められます

新たな領域に挑んでいるチームなので、ここには「決められたやり方」がありません。だから、柔軟性や順応性が必要だと思います。刻一刻と変化する課題に臨機応変に対応し、パフォーマンスを上げることが求められる仕事だと感じています。
逆に、「自分の専門分野はこれで、それ以外はやりません」というタイプだと苦労すると思います。そうではなく、自分にとってコアな技術があり、課題に対して「私が持っているこの技術を、こう形を変えれば解決できそうです」と挑み、パフォーマンスを上げる人がフィットする場だと思います。

検討中の皆さまへのメッセージ
マーケティング担当として、幸せなこと

ヤマハ発動機の製品全般について、個人的に「とても素敵だな」と感じていることがあります。それはどの製品も、購入した人をハッピーな気持ちにすること。バイクも、ボートも、買った瞬間からハッピーになりますよね。だからヤマハ発動機製品のお客さまは、YAMAHAというブランドにポジティブな思いを抱いてくださっている。それは、マーケティングという仕事に取り組む上で、幸せなことだと実感しています。
自分たちの取り組みが、世界中にハッピーを届けることに直結する。この喜びに共感してもらえる仲間をお待ちしています!

マーケティング

求⼈詳細を⾒る

データエンジニア

現場と緊密に連携して、ヤマハに新しい風を
データエンジニア
現在の仕事内容
社内のあらゆるデータが分析対象

私たちは、製造、物流、販売、顧客、製品の使用実態など、ヤマハ発動機が持つあらゆるデータの分析を行っています。たとえばWebページのデータ解析業務では、「こういった行動履歴でヤマハ発動機のサイトを見る人は、将来、ヤマハ発動機製品のユーザーになっていただけるか」という確率を、統計やAIの手法を使って導き出そうとしています。また、生産現場のデータを分析して部品の劣化を予知し、トラブルを未然に防ぐことで生産性を向上させる取り組みも進めています。

この仕事のやりがい
強みを生かして、価値創造につなげる

私はもともとエンジニアをしながら、マーケティングにも関わりたいと考えていました。ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)は、両方を高められる点にやりがいを感じています。ここは部署の垣根を越え、エンジニアもマーケティング担当も同じ目線で議論できる職場です。
私の強みはプログラミングですが、プログラミングそのものは、あくまでもツールに過ぎません。重要なのは、ツールを使って何を成し遂げるか。ヤマハ発動機の新たなビジネスにつなげる。ユーザーの皆さんに新たな価値を提供する。こうした目的を意識しながら自分の強みを生かせるのは、とてもエキサイティングだと実感しています。

この仕事に向いていると思う人
ビジネスそのものに興味を持って働ける人

デジタル技術を利活用して、いかに会社を最適化していくかが、デジタル戦略部門の仕事。向き合うテーマに対して、どんな分析をするべきか、その結果を通じて事業や会社全体にどんな影響を与えることができるか、ただタスクをこなすのではなく、自分たちの頭で考えることが求められますし、醍醐味でもあります。だからプログラムの分野だけではなく、会社のビジネスそのものに興味を持って働ける方が適していると思います。
さらに言うと、ヤマハ発動機の歴史や精神を知り、今後どう変わっていくのかを想像できる方だと面白いのではないでしょうか。その上で過去にとらわれず、新しいものをつくる、新しい風を入れる、そんな気概を持つ方に入社していただけると、私たちも奮い立ちます。

検討中の皆さまへのメッセージ
データエンジニアが活動しやすい環境

ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)は、ヤマハ発動機の別会社ではなく、社内の組織です。これは大切なポイントの一つで、新横浜の拠点にいながら、静岡にある現場と緊密に協働できる環境が整っています。
データサイエンスの世界では課題の本質をつかむために、現場の声を繰り返し聞くことが重要だといわれています。ここでは現場のヒアリングをスムーズに行えますし、さらにはいろんな部署の方が「こんなことができないか」と気軽に相談してくれます。部署間の風通しが良いのでデータエンジニアとして非常に活動しやすいですね。データの利活用にチャレンジしたいあなた、ぜひ一緒に新しいヤマハ発動機をつくっていきましょう!

データエンジニア

求⼈詳細を⾒る

コネクテッドサービスの企画・運用

「挑戦する風土」が根付いているから楽しい
コネクテッドサービスの企画・運用
現在の仕事内容
つながりをより深めていくために

ヤマハ発動機では、2030年までにすべての製品をコネクテッド化する方針を打ち出しています。私たちはその未来を見据え、大きく分けて2つの仕事に取り組んでいます。1つはコネクテッドアプリの企画・開発管理。もう1つは、ヤマハ発動機としてのIoTクラウドプラットフォームをつくっています。
いずれも、お客さまとヤマハ発動機のつながりをより深めていくための取り組みです。たとえば、バイクの車両1台1台から情報を得ることができれば、適切なタイミングで適切なサービスを提供できますし、トラブルが発生した際にもこれまでにないスピード感で対応することが可能になります。従来にない機能を車両の一部として搭載し、新たなエクスペリエンスをお客さまに提供する、お客さまの製品の使い方をよりきめ細かに把握し、次の製品づくりに生かす、といった可能性も広がります。このようにして外向き(お客さま)、内向き(社内)、それぞれに新たな価値を届けるための環境をつくることが、私たちの役割です。

この仕事のやりがい
さまざまな部署をコネクトする

コネクテッドアプリの企画・開発管理は、いわば、さまざまな部署をコネクトする仕事でもあります。たとえばバイクであれば、デザインから電子設計、品質保証、アフターサービス、営業まで、あらゆる部署と一体となり、議論しながら進めます。しかも市場の9割は海外なので、世界各国の拠点と話をする必要があります。私にとってはそこが楽しいし、やりがいを感じる点です。
道なき道を進むような仕事ですからお互いに大変ですが、「走りながら考えよう」とみんな前向きに取り組んでくれます。ヤマハ発動機では、どの拠点、どの部署においても、「挑戦する風土」が根付いていることを実感しています。

この仕事に向いていると思う人
どうすればWin-Winになるか

多くの部署や国の人と新しい取り組みを進めるわけですから、意見が衝突することはよくあります。そのときに大切なのは、最終的な目標を見据え、方向性をすり合わせて「それなら、こうやって一緒に歩いていこうよ」と柔軟に方向転換できること。逆に自分の考えを強引に押しつけるような人は、この仕事に合わないと思います。そんなことをしたら、さまざまな関係部署から四面楚歌になってしまう。どうすればWin-Winになるかを考え、ポジティブに進めていける人が向いていると思います。そういう意味では何よりまず、明るく楽しく、仕事に取り組めることが基本といえそうです。

検討中の皆さまへのメッセージ
スケールの大きな舞台でスキルアップ

ヤマハ発動機のおすすめポイントは、スケールの大きさです。総売上高の9割が海外ですし、バイク、ボート、ドローン、ゴルフカーなど、製品も多彩。世界中で愛用されているさまざまな製品に、自分の魂を込めたアプリが展開されると思うとワクワクしませんか?
また、スキルアップできる環境が整っていることも魅力です。社内の自己啓発講座は充実していますし、最新技術を習得するための外部研修も積極的に受けられます。コネクテッドサービスを通じての新たな価値創造に、ぜひ一緒に挑戦しましょう!

コネクテッドサービスの企画・運用

求⼈詳細を⾒る

Flow採用フロー

応募 求⼈詳細を⾒るから職種詳細ページをご覧いただき応募フォームからご応募ください。
書類選考メールにて結果をご連絡させていただきます。
1次面接・適性検査ヤマハ発動機本社(静岡県磐田市)にて行います。
※交通費支給あり
※詳細は書類選考通過時にご案内致します。
最終面接ヤマハ発動機本社(静岡県磐田市)にて行います。
※交通費支給あり
内定

求⼈詳細を⾒る