ヤマハ発動機 中途採用情報

デジタル戦略部門に所属する社員インタビュー

データを使いこなす「型」をつくり、
将来は各事業部に移植していきたい

IT本部デジタル戦略部

大西 圭一

大西圭一

エンドユーザーと直接つながるために

今後、一人でも多くのお客さまに熱狂的ヤマハ発動機ファンになっていただくためには、オンライン、オフラインのさまざまなお客さまとの接点を通じて、ヤマハ発動機がエンドユーザーと直接つながることが重要だと考えています。

データを基に、カスタマージャーニー(顧客が商品を知り、購入に至るまでの行動や思考のプロセス)を個々のお客さまごとにしっかりと把握する。そして、お客さま一人ひとりの趣味嗜好や状況に合わせて、必要とされるタイミングでベストなおもてなしを提供していく。そんな取り組みを推進していきます。

これは私が携わっているプロジェクトの一例です。ほかにも製造や販売に関するデータ分析など、多岐にわたるプロジェクトが動いています。

ヤマハ発動機を変えるための術を、ここで集中強化

私はヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)のデジタル戦略部を「新たな挑戦を始め、育てていく場所」にしていきたいと考えています。そして今の我々にとってそれは、マーケティング、開発、製造領域においてデータを使いこなすことだと考えています。

まず当センターで、データ利活用の一つの「型」を集中的につくる。それが実現できたら次は、モーターサイクル、マリン、電動アシスト自転車など、それぞれの事業部に「型」を移植していく。私自身も将来は事業部に移り、デジタル技術を生かしてより良い顧客体験を提供できるよう、既存事業のあり方を変えていきたいと考えています。

「データを使いこなせる、熱い会社」に

私はヤマハ発動機を「データを使いこなせる、熱い会社」にしていきたいと思っています。ヤマハ発動機という会社は昔から、一人ひとりの熱い思いが事業発展の大きな原動力となっています。そこはとても良いところだと思っています。ただ、それだけでは事業環境の変化に対応し続け、お客さまに選ばれ続けることは簡単ではなくなってきています。

データを使いこなす「理性」の部分も強くして、「理性」と「情熱」がより良いバランスで高め合っていける新しいヤマハ発動機に、デジタル戦略部から変えていけたらと考えています。

ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)について施設概要・アクセス

CAREER RECRUITING INFORMATION
中途採用情報

PageTop