ヤマハ発動機 中途採用情報

ロボティクス部門に所属する社員インタビュー

10年先のニーズを見据え、
「インテリジェントファクトリー」の進化に挑む

ロボティクス事業部先行開発部

横田 幸治

横田幸治

機器やデータをつなげて、
新たなソリューションを提供

ロボティクス事業部では、お客さま工場のさらなる生産効率化や品質向上に貢献するために「インテリジェントファクトリー」の開発と提案に取り組んでいます。

インテリジェントファクトリーとは、サーフェスマウンターや検査装置などの機器、それらを動かすためのデータ、結果のデータなどを連携させるシステム。従来、それぞれ独立した形で存在していた機器やデータをつなげることで、新たなソリューションの提供を目指しています。

浜松ロボティクス事業所では、お客さまに密着しながら直近の課題解決に向けて1〜2年後を見据えた開発に取り組んでいます。それに対し、私の所属するヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)では、5〜10年後のインテリジェントファクトリーを見据えた先行開発に取り組んでいます。

「こんなことまでできるの!?」
と感じていただきたい

目の前にあるニーズに応えるだけでなく、5年先、10年先の生産現場にどんなニーズがあるのかを想像し、企画から開発に取り組むことが、私たちのミッション。そこが難しい点であり、面白い点でもあります。

より広い視野から機器やデータをつなぎ、「こんなことまでできるの!?」とお客さまに感じていただけるようなソリューションを提供したいですね。実現した際にはヤマハ発動機の新たな強みとなるので、大きなやりがいを感じています。

上流から下流まで携わることのできる楽しさ

自分でお客さまから課題を伺い、自分で企画し、自分でつくり、自分で提案して……というのが、ロボティクス事業部の仕事の進め方。お客さまの課題も、評価も、肌で感じられる点に仕事の楽しさがあります。

新しいことに挑戦する意欲のある人、あきらめないでやりきる粘り強さを持っている人、開発の上流から下流まで幅広く関わってみたい人には、大きなやりがいと達成感を感じられる仕事環境だと思います。

ヤマハモーターアドバンストテクノロジーセンター(横浜)について施設概要・アクセス

CAREER RECRUITING INFORMATION
中途採用情報

PageTop