ヤマハ発動機
中途採用情報

Work & Human

転職社員インタビュー
ロボティクス製品先行開発

「これぞヤマハ発動機」と感じてもらえる
新製品を生み出したい

水井 健太

2018年中途入社
ロボティクス製品 先行開発

自由闊達な風土に惹かれて

以前は光学機器メーカーで研究業務に携わっていました。転職を意識し始めたきっかけは、いつどのような形で製品化につながるのか、出口の見えない研究テーマを追求する中で「もっと製品に近いところで開発に取り組んでみたい」という思いが強くなったこと。また、このままではエンジニアとして視野の狭い「井の中の蛙」になってしまうのではないか、という危機感も芽生えていました。
ヤマハ発動機に応募したのは、自由闊達な風土に惹かれたから。発想に枠を設けず、自由に考える。その成果として、実に多様な製品が生まれている。中途採用トップページや中途入社希望者向け会社説明会からそのような風土が伝わってきて、とても魅力的に感じました。

技術を融合させて、新たな製品を

現在はロボティクス事業部の先行開発グループに所属しています。ロボティクス事業部は、産業用ロボット、サーフェスマウンター、産業用無人システム(ヘリ・ドローンなど)の開発・製造を担う事業部。その中で私たちは、これらの技術を融合させて、新たな製品を生み出す企画・開発業務に取り組んでいます。
企画・開発業務は、転職直後から担当しています。最初は具体的なテーマを与えられて仕事に取り組むものと思っていたので、「何か新しいものをつくる」という自由度の高い仕事を、入社してすぐに担当させてもらえることに驚きました。その分、プレッシャーは大きいですが、「これが完成して世の中に出たらどうなるのかな」とイメージしながら仕事に取り組めるのは、とても楽しいですね。

難しいからこそ、やる意味がある

ヤマハ発動機のエンジニアは「自分たちでつくろう」という意識がとても強いですね。規模の大きな企業の場合、仕様書を書いて外部の協力メーカーにつくってもらうケースが多いと思います。しかしヤマハ発動機、特にロボティクス事業部は、内製にこだわっています。メカ系の部材や電気系の基板も自分たちで設計するし、ソフトウェアも自分たちで書く。私が「できるのかな」と思うようなものも、「できるでしょ」というノリでつくってしまう。「よくつくれるな」と転職したばかりのころは感心してばかりでした。
難しいところは専門メーカーに委託しよう、という会社は多いと思いますが、ヤマハ発動機には「難しいけど、挑戦してみよう」「難しいからこそ、やる意味がある」――そんな風土があると実感しています。


自分でつくるからこそ、気づくこと

「自分でつくる」という風土は、私に合っていると感じています。仕様書を書くだけでは気づけないことってあるんです。こんな問題点があったのか。こういう工夫もできるぞ。こういうことにも応用できそうだ。自分で考え、自分でつくろうとすることで、エンジニアとして鍛えられる部分は大きいと思います。
だから「自分でつくる」という風土があることは、ヤマハ発動機のエンジニア全体のレベル向上にもつながっていると思います。

ヤマハ発動機の産業用機器を広くアピール

目標は「これぞヤマハ発動機」と多くの人々に感じてもらえるような新製品をつくること。ほかのメーカーが思いつかないような発想の製品も、ヤマハ発動機だったらつくれると思うんです。一般の方々にとってヤマハ発動機のバイクは有名ですが、産業用機器の分野で活躍していることは、あまり知られていません。そんな方々にも「ヤマハ発動機ってこんなことをやっているんだ」とアピールできるような、インパクトのある製品を生み出したいですね。
また、ヤマハ発動機は船外機などで世界トップシェアを獲得していますが、産業用ロボットやサーフェスマウンターは、まだそうではありません。「上を狙えるぞ」という気持ちが、仕事へのモチベーションにつながっています。

転職検討中の皆さまにひとこと

ヤマハ発動機の社員からは 「もっと会社を大きくしていこう」という勢いを感じます。
入社すれば、上を目指した仕事ができると思います。
自分の力を試したい、という人にぴったりの環境です。


上司から見た水井健太

水井さんは、チャレンジ精神と積極性の塊のようなエンジニアですね。ミーティングではいつも、多方面からの視点でアイディアを出しています。多彩な領域に興味があり、関連技術について事前に調べ、「自分だったらどうするかな」と常に考えているからこそ、出てくるものだと思います。つまり、あらゆることを「自分事」として捉えているんです。
ヤマハ発動機の自由さは、自分が主体となって動くことで初めて発揮されるものなので、今後も積極性を生かしていってほしいと思います。

PageTop