本文へ進みます

YZR500(0W20)

ヤマハが過去に参戦してきたマシンデータをご覧いただけます。

  • SEASON
  • RIDERS
  • MACHINES
  • ARCHIVE
  • MotoGP
  • 500cc
  • 250cc
  • 125cc
  • 750cc

500ccYZR500(0W20)(1973~74年)

ヤマハ初のGP500ファクトリーマシン

TZ750と同時開発された初代YZR500。クロームモリブデン鋼管フレームに水冷2ストローク並列4気筒・ピストンリードバルブエンジン、トリプルディスクブレーキを搭載。J・サーリネンのライディングにより、開幕戦フランスGPでデビューウインを飾った。翌1974年にモノクロスサスペンションを採用し、G・アゴスチーニが2勝、T・ランシボリも1勝を挙げる活躍で、ヤマハは初のGP500ccメーカータイトルを獲得した。

  • 1024x768
  • 1280x1024
  • 1680x1050
Gallery & Wallpaper
  • Spec

    • ・排気量 - 494cc
    • ・最高出力 - 80PS以上
  • 成績

    1973年

    優勝2回 Jarno Saarinen - フランス、オーストリア

    1974年

    優勝1回 Teuvo Lansivuori - スウェーデン
    優勝2回 Giacomo Agostini - オーストリア、オランダ

PAGE TOP

ページ
先頭へ