本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2008年 YAMAHAレースリリース
YZF-R1のベン・スピース、WSBチャンピオン獲得 2009年10月26日

 10月25日に開催されたスーパーバイク世界選手権第14戦(最終戦)ポルトガル大会で、「ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チーム」のベン・スピースが、第1レース優勝、第2レース5位となり、シリーズチャンピオンを決めた。1988年に始まったスーパーバイク世界選手権で初のヤマハライダータイトル獲得となる。

 第1レースではホールショットからトップで第1コーナーへ進入してリード。完璧なライン取りとスムースな走りで後続に2秒近い差をつけトップでゴールした。タイトル争いのライバル芳賀紀行(ドゥカティ)は6周目で転倒リタイア。これでスピースはいくらかの余裕をもって第2レースに臨むことができた。第2レースでは芳賀の位置を確認しながら安定したペースをキープし、栄冠獲得までの残り周回数を数えていく。何台かを先行させたあと、しばらくはM・ビアッジ(アプリリア)の後ろにつけていたが、ビアッジがコーナーで何度もはらむのを見てパスを決意。もう一度ペースを上げて抜き、5位に浮上してチェッカーを受けた。
 スピースはワールドスーパーバイク・デビューの今シーズン、優勝14回、ポールポジション11回という見事な記録を残した。ポイントでは合計462点。ランキング2位となった芳賀との差は6ポイントだった。チームメイトのトム・サイクスは前大会での負傷の影響で決勝は欠場した。
 なお、同時開催されたスーパースポーツ世界選手権最終戦でも「ヤマハ・ワールドスーパースポーツ・チーム」からYZF-R6を駆り出場したカル・クラッチローが4位となりシリーズチャンピオンを決定した。

B・スピース選手談(1位/5位):
 「僕にこのマシンを与えてくれたヤマハに感謝。第1レースはほとんど完璧で、第2レースも思い通りにレースをできた。ペースがとても速いのでポジションを確認するのが難しかったが、もしも芳賀選手が優勝したとしても僕は6位に入ればいいということは分かっていた。そしてまさにそのポジションを走っていたので、後続を少し引き離し、何かのアクシデントに巻き込まれないようにしていた。僕を支えてくれたみんなには、どんな言葉でも感謝の気持ちを表しきれない。きっと何日間かは夢中だと思うよ!」



イメージ

■PP:B・スピース(ヤマハ/1分42秒412)■FL:M・ファブリツィオ(ドゥカティ/1分43秒529)


第1レース結果
順位 選手 マシン タイム
1 B・スピース Yamaha 38'15.390
2 J・リー Honda 0'01.697
3 M・ビアッジ Aprilia 0'02.113
4 S・バイルン Ducati 0'02.757
5 M・ファブリツィオ Ducati 0'14.753
6 L・カミール Aprilia 0'20.044
第2レース結果
順位 選手 マシン タイム
1 M・ファブリツィオ Ducati 38'19.654
2 芳賀紀行 Ducati 0'01.195
3 J・リー Honda 0'01.494
4 S・バイルン Ducati 0'05.553
5 B・スピース Yamaha 0'05.842
6 M・ビアッジ Aprilia 0'07.374


ベン・スピース選手プロフィール
氏  名/ ベン・スピース(Ben Spies)
国  籍/ アメリカ
生年月日/ 1984年7月11日
所属チーム/ Yamaha World Superbike Team(ヤマハ・ワールド・スーパーバイク・チーム)
主な成績
2000年:AMA選手権750スーパーストック ランキング 9位
2001年:AMA選手権750スーパーストック ランキング 3位
2002年:AMA選手権スーパースポーツ ランキング 9位
2003年: AMA選手権スーパースポーツ ランキング 9位
AMA選手権フォーミュラ エクストリーム チャンピオン
2004年:AMA選手権スーパースポーツ ランキング 4位
2005年:AMA選手権スーパーバイク ランキング 2位
2006年:AMA選手権スーパーバイク チャンピオン
2007年:AMA選手権スーパーバイク チャンピオン
2008年:AMA選手権スーパーバイク チャンピオン
2009年:世界選手権スーパーバイク チャンピオン


ベン・スピース選手2009年の戦績


開催日 大会名 第1レース 第2レース
3月1日 第1戦オーストラリア大会 16位 優勝
3月14日 第2戦カタール大会 優勝 優勝
4月5日 第3戦スペイン大会 リタイア 2位
4月26日 第4戦オランダ大会 優勝 リタイア
5月10日 第5戦イタリア大会 15位 優勝
5月17日 第6戦南アフリカ大会 3位 リタイア
5月31日 第7戦アメリカ大会 優勝 優勝
6月21日 第8戦サンマリノ大会 優勝 9位
6月28日 第9戦イギリス大会 優勝 優勝
7月26日 第10戦チェコ大会 リタイア 優勝
9月6日 第11戦ドイツ大会 優勝 2位
9月27日 第12戦イタリア大会 4位 5位
10月4日 第13戦フランス大会 優勝 4位
10月25日 第14戦ポルトガル大会 優勝 5位

※14大会28レースにおけるB・スピース選手の獲得ポイント:462


ページ
先頭へ