本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2006年 YAMAHAレースリリース
ロッシがバルセロナでローレウス・アワードの栄誉 2006年5月26日

 ヤマハのV・ロッシが5月22日、毎年恒例のローレウス・ワールド・スポーツ・アワードにおいて「スピリット・オブ・スポーツ賞」を受賞した。5年連続シリーズチャンピオンの活躍が評価されたものだ。ロッシはル・マンで行なわれていたマシンテストを終えると、すぐにバルセロナへ向かい、ヤマハYZF-R1に跨がって授賞式に参加した。ロッシに賞を手渡したのはヤマハの初代世界チャンピオン、ジャコモ・アゴスチーニとF1界の重鎮、バーニー・エクレストン。
 ロッシは「ワールド・スポーツマン・オブ・ザ・イヤー」にもノミネートされていたが、これはスイスのテニス・プレーヤー、ロジャー・フェデラーが、昨年に引き続き受賞した。
 授賞式の後ロッシは、次のように喜びを語っている。「今日、このような賞をいただくことができて本当に嬉しい。しかもモータースポーツの代表として認めてもらえたことを誇りに思っている。また他の様々なスポーツのトップとともにノミネートされたことは光栄だ」。
 ローレウス・アワードは、偉大なスポーツマン&ウーマンを表彰する唯一の世界規模の賞。今年の表彰式ではハリウッドスターのテリ・ハッチャーとキューバ・グッディングがプレゼンテイターを務め、その他にもスペインのキング・フアン・カルロス、マイケル・ジョンソン、ボビー・チャールトン、セべ・バレステロス、ボリス・ベッカーなどの姿もあった。


ページ
先頭へ