本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2006年 YAMAHAレースリリース
2006年ダカール・ラリー
フレティーネ選手が13位でフィニッシュ
2006年1月20日

第14日(ステージ13)1月13日(金)
 ラベ(ギニア) - タンバクンダ (セネガル)間は、リエゾン7km、スペシャルステージ(SS)348km、リエゾン212kmのトータル567km。この日は、非常にテクニカルなルート。すでに2日間もテクニカル上のサポートを受けていない中で、スタートを迎えた。 
 全行程中、最も高度の高い場所に設定されたこのルートでは、多くの急坂や岩場の路面が待ち受ける。フレティーネはWR450Fの軽快さを発揮しトップ集団を追走。SSで素早くペースをつかむとCP1で8位を記録。ところが、その後はロードブックの不具合もあり何度かマシンを停め6分遅れ。さらにはCP2の手前15kmの地点で2匹の牛に遭遇、これを避けようとコースを外れてしまうアクシデントに見舞われる。こうした不運からトップ集団追走にはならなかったが、この日の走行を7位の好位値で終了。総合順位を18位からふたつ上げて16位とした。

第15日(ステージ14)1月14日(土)
 タンバクンダ - ダカール間は、リエゾン107km、SS254km、リエゾン274kmの合計634km。ゴール前のこの重要なルートは、昨年とはまったくコースが異なっていた。C・デプレ (フランス)、G・サラ (イタリア)らトップグループの多くがナビゲーションに関してミスをおかしてしまう一方で、この区間をミスなく抜けたフレティーネは、この日の走行をトップで終了。ダカールでのステージ勝利を7とした。CP1で3番手のタイムを記録したフレティーネは、その後もハイペースをキープ。トップのM・コマ(スペイン)を追走し、ステージ終盤でこれをパス。最終的には33秒リードしてトップでゴールした。この活躍によりフレティーネは総合順位を3つ上げて13位となった。

D・フレティーネ選手(ヤマハ・フランス・イッポヌ)談:「この3~4日はとても好調。昨日もトラブルさえなければトップでゴール出来たと思う。ナビゲーションもとても順調で、ライバルたちが苦しんでいたのと対照的に僕のほうは、本当にうまくいっていた。CP1のあとコマはデプレたちについて行ったが、彼らはルートを間違えていた。僕は自分のロードブックを信じ、しっかりと自分の位置を把握していたので彼らのタイヤ痕は気にせずに走り続けた。するとコマが気づいて僕についてきたんだ。その後、僕も少しだけ回り道をしたが、すぐに復帰できた。さらにペースを上げ、7つめのダカールでのステージ優勝が出来た。このことは僕自身、ヤマハ、そして僕の技術チームにとって非常に嬉しいことだ。ゴール地点では、昨年、死亡したライダーに追悼の意を表すためのセレモニーが行われた。残りの2kmは悲しい気持ちを抱えたまま走った」

第16日(ステージ15)1月15日(日)
 最終ステージのダカール - ダカール間はリエゾン38km、SS31km、リエゾン41kmのトータル110km。ダカール・ラリーの一行が通過する間に死亡したふたりの子供に追悼の意を表し、最終のSSではタイム計測が行なわれなかった。そのためステージ14でのタイムがそのまま今年の記録となった。
 5,000kmのスペシャル、トータル9,093kmの行程を走り終え、ラリーは大西洋沿岸で終了。参加232台中、最終日のゴールにたどり着いたのは僅か93台だった。

D・フレティーネ選手談:「最終日をリラックスして楽しむことができた。タイムアタックが出来なかったのは残念だったが、この決定は誰もが納得するところ。一番の目標はダカールに辿り着くことだが、勝利こそが僕を駆り立ててくれる。今年はステージ優勝を狙えるだけの強いマシンに恵まれたが、実際には様々な状況により、なかなか実現できなかった。ダカールが終わり、次は2月のル・トゥケのエンデューロだ。現チャンピオンのA・デメスタとほぼ同じマシンに乗ることになっている。妻と子供たちと一緒に、このあと1週間ダカールに滞在。それから家に帰ってル・トゥケの準備に入る。休息の時間はほんのわずか。次のエンデューロ・シーズンがすぐそこに迫っている」



2006年ダカール・ラリー 最終総合成績


順位 No. 選手名(国籍) マシン タイム
1 2 コマ(スペイン) KTM 55h27:17
2 1 デプレ(フランス) KTM +1h13:29
3 6 サラ(イタリア) KTM +2h29:48
4 9 ブレイス(USA) KTM +2h36:18
5 4 デハバルド(スイス) KTM +3h22:47
9 55 ロドリゲス(ポルトガル) YAMAHA +6h54:41
12 58 クナイマン(オランダ) YAMAHA +8h29:27
13 12 フレティーネ (フランス) YAMAHA +8h45:56

ページ
先頭へ