本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2005年 YAMAHAレースリリース
ヤマハ、モトクロス世界選手権MX1・MX2のダブルタイトル獲得!
S・エバーツ、2005年MX1世界チャンピオン決定!
MX2クラスではYZ250FのA・カイローリが初タイトル!
2005年9月5日

 9月4日(日)オランダで開催されたモトクロス世界選手権第16戦MX1クラスで、ヤマハL&MモトクロスチームからYZ450FMで出場したステファン・エバーツ選手(ベルギー)が両ヒート優勝を飾り、ポイント獲得数を671点に広げ最終戦を待たずして2005年のシリーズチャンピオンを決めた。

 エバーツ選手の世界タイトルは2003年から設定の最高峰クラスでの3年連続。またエバーツ選手とヤマハにとって01~02年500ccチャンピオンを含めて5年連続チャンピオン。エバーツ自身にとって9度目の世界タイトルとなる。(125ccで1回、250ccで3回、500ccで2回、旧MXGP&現MX1で3回)

 また同日開催されたMX2クラスでは、YZ250Fを駆り第1ヒート7位、第2ヒート8位で総合5位となったアントニオ・カイローリ選手(イタリア)がポイント獲得数を549点とし最終戦を残して初の世界チャンピオンを決定した。ヤマハ4サイクルYZ250Fにとって初のモトクロス世界選手権でのタイトル。また旧125cc=現MX2クラスでのヤマハのタイトル獲得は1997年以来通算4度目。

 これで、ヤマハ選手のモトクロス世界選手権でのタイトル獲得は、1973年の250cc初タイトル獲得以来19回目となる。(旧125&現MX2=4回、旧250cc&現MX1=9回、旧500cc=6回)また、1972に世界選手権に初参戦して以来、ヤマハが世界選手権でのダブルタイトルを獲得したのは今回が初めてとなる。



エバーツ&カイローリ、全日本最終戦(日本GP)にスポット参戦!

日  程

10月23日(日)

会  場

スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡)

大会名

モトクロス全日本選手権第10戦日本グランプリ



2005年MX1のタイトルを決めたエバーツと、MX2のタイトルを決めたカイローリ(9月4日オランダGPにて)



S.エバーツ選手談(2005年モトクロス世界選手権MX1チャンピオン) :「今日のコースは僕にとてもアドバンテージがあった。僕はサンドコースで、状況に対応しながら走るのが好き。タイミングが非常に大切で、それが好きな理由だ。昨日はいい感じで走れたし、その状態を決勝でも持続できた。ここはタウンリー選手が速いことが分かっていたので、第1ヒートでは彼に先に行ってもらい彼の走行ラインを見たうえで抜く作戦でいった。結果的に両ヒートをとれてタイトルを獲ることができたのは素晴らしい。たくさんのファンの前でそれができたのも嬉しい。このタイトルを獲得するまでの道のりは、決して楽なものではなかった。GPで、両ヒートともスタートが上手く行ったのも恐らく初めてだと思う!今年は勝つためにハードワークを強いられたが、それだけに満足も大きい。祝賀パーティが楽しみ!」

A.カイローリ選手談(2005年モトクロス世界選手権MX2チャンピオン) :「今回のGPでタイトルを決定したかった。僕は砂の中で乗るのが大好きだし、近くのベルギー住んでいる。ここは僕の第2の故郷だから。昨日の予選では実は左手首を痛め、また以前からの足首の怪我のため、今日は深い砂の中でプッシュするのが大変だった。でも、やれると信じていた。第1ヒートでは良いスタートができたが、トップグループのペースについて行けなかった。でもレース終盤に向けて、体力を温存しておいた。そしてゴールの2ラップ前、チームから僕が既にタイトルを獲ったことを伝えられた。もう本当に今までに感じたことのない驚きの気分。本当に最高だ。僕にはあとひとつ残されている大きな目標がある。それは、フランスでのデナシオンでイタリアチームとともに良い成績を残すこと」

渡部達也ヤマハ発動機(株)モーターサイクル開発室・室長談 :「1997年、当社は4ストロークのモトクロッサーをデビューさせましたが、その後各社の4ストロークマシンの投入もあり、レースの現場で各社しのぎをけずっているだけでなく、マーケットでも注目を浴びているのが昨今のモトクロスシーンと言えます。こうした中、ヤマハ創立50周年の記念すべきこの今季、1972年にモトクロス世界選手権に初挑戦して以来初となる世界選手権両クラスのライダーチャンピオン(MX1、MX2)を獲得することが出来たことを本当に嬉しく、また光栄に思います。これも、世界中のファンの皆様のご声援と、スポンサー様、各国ディストリビューター様、チーム関係者のご理解ご支援に支えられてのことであり、改めてお礼を申しあげる次第です。今後も世界中のモトクロスファンに感動をお届けできるよう開発の手を休めることなく【次の1勝】を目指し、その勝利がヤマハブランドイメージ高揚に繋がるよう関係者一丸となって精進していく所存です。今後もご声援の程よろしくお願いいたします」



ステファン・エバーツ 選手プロフィール

氏  名/Stefan EVERTS

国  籍/ベルギー

生年月日/1972年11月25日

チーム名/ヤマハL&Mモトクロスチーム

趣  味/音楽、ゴルフ、カート、水上スポーツ

レース歴

1989年:125cc 世界選手権ランキング15位

1990年:125cc 世界選手権ランキング3位

1991年:125cc 世界選手権チャンピオン

1992年:250cc 世界選手権ランキング11位

1993年:250cc 世界選手権ランキング2位

1994年:250cc 世界選手権ランキング2位

1995年:250cc 世界選手権チャンピオン

1996年:250cc 世界選手権チャンピオン

1997年:250cc 世界選手権チャンピオン

1998年:250cc 世界選手権ランキング2位

1999年:250cc 世界選手権ランキング11位(一時怪我で不出場)

2000年:怪我で不出場

2001年:500cc 世界選手権チャンピオン

2002年:500cc 世界選手権チャンピオン

2003年:MXGP 世界選手権チャンピオン

2004年:MX1 世界選手権チャンピオン

2005年:MX1 世界選手権チャンピオン(第16戦で決定)


エバーツ選手、2005年シーズンの成績(第16戦終了時)

開催日

大会名

第1ヒート

第2ヒート

備考

4月3日

第1戦ベルギー GP

1位

3位

総合優勝

4月17日

第2戦スペインGP

8位

2位

4月24日

第3戦ポルトガルGP

1位

3位

総合優勝

5月8日

第4戦ナムールGP

2位

1位

総合優勝

5月15日

第5戦ヨーロッパGP

11位

2位

5月29日

第6戦日本GP

2位

1位

総合優勝

6月5日

第7戦イギリスGP

1位

1位

6月12日

第8戦イタリアGP

5位

1位

6月26日

第9戦フランスGP

2位

7位

7月3日

第10戦スウェーデンGP

4位

4位

7月17日

第11戦南アフリカGP

2位

2位

7月31日

第12戦ベルギーGP

5位

1位

8月7日

第13戦チェコGP

1位

4位

8月21日

第14戦ドイツGP

1位

1位

総合優勝

8月28日

第15戦イギリスGP

5位

5位

9月4日

第16戦オランダGP

1位

1位

総合優勝

9月17日

第17戦アイルランドGP



アントニオ・カイローリ 選手プロフィール

氏  名/Antonio CAIROLI

国  籍/イタリア

生年月日/1985年9月23日(19歳)

チーム名/Team Yamaha De Carli

趣  味/マウンテンバイク、マウンテントレッキング

レース歴

1992年:レース開始

1998年:イタリア・ミニ・セニアチャンピオン

1999年:250cc 世界選手権ランキング11位(一時怪我で不出場)

2000年:

欧州選手権85ccランキング5位
イタリア125'cadet'選手権ランキング3位

2002年:イタリア国内選手権125cc

2003年:イタリア国内選手権ランキング15位

2004年:MX2 世界選手権ランキング3位

2005年:MX2 世界選手権チャンピオン(第16戦で決定)


カイローリ選手、2005年シーズンの成績(第16戦終了時)

開催日

大会名

第1ヒート

第2ヒート

備考

4月3日

第1戦ベルギー GP

5位

4位

4月17日

第2戦スペインGP

1位

8位

4月24日

第3戦ポルトガルGP

1位

1位

総合優勝

5月8日

第4戦ナムールGP

1位

28位

5月15日

第5戦ヨーロッパGP

2位

16位

5月29日

第6戦日本GP

1位

4位

6月5日

第7戦イギリスGP

29位

13位

6月12日

第8戦イタリアGP

1位

3位

総合優勝

6月26日

第9戦フランスGP

出場せず

出場せず

7月3日

第10戦スウェーデンGP

1位

1位

総合優勝

7月17日

第11戦南アフリカGP

9位

2位

7月31日

第12戦ベルギーGP

1位

1位

総合優勝

8月7日

第13戦チェコGP

1位

2位

総合優勝

8月21日

第14戦ドイツGP

1位

1位

総合優勝

8月28日

第15戦イギリスGP

3位

20位

9月4日

第16戦オランダGP

7位

8位

 

9月17日

第17戦アイルランドGP

ページ
先頭へ