本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2005年 YAMAHAレースリリース
ヤマハ、V・ロッシ選手と2006年モトGP参戦について合意 2005年8月2日
Valentino Rossi

 ヤマハ発動機(株)とバレンティーノ・ロッシ選手(イタリア/26歳)はこのほど、ロッシ選手とヤマハが共に2006年モトGPに参戦することについて合意した。ロッシ選手は2006シーズンも引き続きモトGP世界選手権でヤマハYZR-M1を駆ることになった。

 ロッシ選手は2004年のモトGP世界選手権にヤマハから出場してタイトルを獲得。ヤマハ・ファクトリーチーム加入2年目を迎えた今シーズンも、7月31日開催のドイツGPで8勝目をあげ、ランキング2位に120ポイントもの差をつけてランキングトップに立っている。(7月31日ドイツGP終了時点)

 ヤマハ・モーター・レーシングのマネージング・ダイレクター、リン・ジャービスは次の談話を発表した。「2003年の終わりにロッシ選手との契約を発表したあと、まさに驚くばかりの1年目が過ぎ、2年目を迎えた今年も、ここまで大いに成功を享受してきた。今年はヤマハ発動機の創立50周年にあたる記念すべき年で、我々の努力が2度目のタイトル獲得へ繋がることを望んでいる。ロッシ選手と、さらに1年共に活動できることは非常に嬉しい。これは我々の2006年シーズンのモトGPレース活動を推進する上での重要なポイントである」

 「僕とヤマハとの関係を継続できることを発表でき、とても嬉しい」と語るのはロッシ選手。「昨シーズンは、開幕戦優勝とシリーズタイトル獲得を達成して、まるでマジックのようだった。シーズンを通して、ヤマハおよびチームクルーとは素晴らしい関係を築くことができた。彼らはYZR-M1をここまで強くするために懸命に努力してくれた。だからこそ僕はこうして、もう1年ヤマハとともに走ることにしたのだ」

ページ
先頭へ