本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

ロッシ、ヘレスでもトップタイムを記録! 2004年4月3日

 前回のバルセロナからヘレスへ場所を移し、3月31日から2日間で行われたIRTA最終テストで、ゴロワーズ・フォルトゥナ・ヤマハのV・ロッシがまたもトップタイムを記録した。チームメイトのC・チェカは1分42秒927で4位となった。
 テスト初日の31日、時おり雨が降る不安定なコンディションのもとロッシは合計39ラップを走行。そのなかで、ほぼドライで行われた周回で1分42秒656を記録しトップに立った。テスト2日目の4月1日は雨がさらに強まりタイムアップは望めなかったが、ロッシ、チェカともにウエットでのセッティングをチェックするため、それぞれ19ラップと17ラップを敢行した。
 フォルトゥナ・ゴロワーズ・テック3のM・メランドリはテスト最終日、ついに新しいエンジンをテスト。悪天候にもかかわらず自ら進んで周回数を重ね、ニューマシンに慣れてくると好タイムも記録した。チームメイトの阿部典史は2度の転倒。幸い怪我はなかった。
 シーズン開幕前のマシンテストは今回で最後。2004年度緒戦は今月18日、南アフリカはウエルコムで開催される。


V・ロッシ選手談:「今回もトップに立つことができてとても嬉しい。セッティングはバルセロナとあまり変わらず、テスト序盤からすぐに、かなりいい感じで走れた。とくにハンドリングが機敏で扱いやすく、ブレーキングもやりやすい。2日目は雨でほとんど走れなかったが、ウエットも悪くないことが確認できた。最終テストを終了した今の状態に、とても満足している」

C・チェカ選手談:
「雨のセッティングもしておかなければならないので、今日はそのためのいい機会になった。エンジン・スペックを変えて試し、成果も得られた。2日とも雨がちで成果がなかったように思われるかもしれないが、実はとても重要な2日間になった。最後に最高のテストができた」

M・メランドリ選手談:「ウエット・コンディションでよく走れた。途中、ビアッジが後方に見えて、そのうちに僕のテールについたが、とてもついて行けないと思って先に行かせた。でも後半になると僕のほうも調子が上がってきて、逆に彼に追い付くことができたんだ。今回は新しいエンジンをテストさせてもらえて嬉しかった。感謝している」

阿部典史選手談:「2度も転倒してしまった。でもちょっと変なんだ。1度目はたしかにプッシュしていた時だったが、2度目は少しも攻めていなかったのにハイサイドしてしまった。こことバルセロナ、合わせて5日間のテストがあったが、1日として完全に晴れた日がなかったのが残念」

D・ブリビオ、ゴロワーズ・フォルトゥナ・ヤマハ・チーム監督談:
「冬期テストはとても充実していた。とくにバルセロナのバレンティーノ、ヘレスのカルロスの成果には非常に満足だ。最終テストを終了した今、これで完璧というわけではない。しかし全員が協力してそれぞれ全力を尽し、その結果としてM1をここまで高めてこられたことに心から感謝している。マシンセッティングに関してはベースとなるものが確立でき、またコースの変化にもよく対応できるようになっている。あとは実際のレースでのパフォーマンスに期待するだけ」

A・ジメネス、チェカのクルーチーフ談:「開幕のウエルコムが今回のようなウエット・コンディションになった場合を想定し、そのセッティングのチェックのためにカルロスは3セットだけ走行。早めに切り上げたのは正解だったと思う。周回数は多くはなかったが、この2日間で大きな成果があった。今はチーム全員がウエルコムのことだけを考えている」

H・ポンシャラル、フォルトゥナ・ゴロワーズ・テック3監督談:「今回はマルコに新エンジンが与えられた。天気が悪く最適の条件とはいかなかったが、本人はもちろん我々全員、今回のヤマハの決定に感謝している。ノリックのほうにもシーズン序盤にはニューエンジンが出ることになりそうなので、これを良い成績につなげられるよう努力したい」

G・クーロン、メランドリのクルーチーフ談:「マルコは新しいエンジン・スペックを与えられてとても喜んでいた。コンディションは悪かったが、彼はそれをものともせず、嬉々として走り込んだ。ニューエンジンが気に入ったのだろう、好タイムも出たし、しかも安定していた。昨年はウエットでとても苦労したマルコが、雨で比較的速いビアッジについて行けたことは素晴らしい。本人も驚いている様子だった」

G・ビゴ、阿部のクルーチーフ談:「転倒があり厳しい結果になった。ちょうどペースを上げてきて本人も気持ちよく走っていたところだったが、2周目の1コーナー出口で転倒。しかもマシンとデータをチェックしてみても、転倒の原因がはっきりしない。タイヤも悪くなかったようなので、正直なところ少し戸惑っている」


3月31日(ドライ・コンディション)のラップタイム

1. V・ロッシ(イタリア) ゴロワーズ・フォルトゥナ・ヤマハ 1分42秒656
2. K・ロバーツ(USA) チーム・スズキ・モトGP 1分42秒761
3. C・エドワーズ(USA) テレフォニカ・モビスター・ホンダMot 1分42秒771
4. C・チェカ(スペイン) ゴロワーズ・フォルトゥナ・ヤマハ 1分42秒927
5. A・バロス(ブラジル) レプソル・ホンダ 1分42秒974
6. J・ホプキンス(USA) チーム・スズキ・モトGP 1分43秒314
7. 中野真矢(日本) カワサキ・レーシング・チーム 1分43秒386
8. S・ジベルナウ(スペイン) テレフォニカ・モビスター・ホンダMot 1分43秒408
9. N・ヘイデン(USA) レプソル・ホンダ 1分43秒457
10. 玉田誠(日本) キャメル・ホンダ 1分43秒541

 


ページ
先頭へ