本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

ペテランセル、5度目の大会優勝!
ヤマハも8回目の勝利を挙げる
1997年1月20日

 
    ペテランセル選手(右)
カステラ選手(左)
1997 ダカール~アガデス~ダカール(モト部門)

開催日:1月4~19日/最終日

コース:ダカール~アガデス~ダカール

出 走:127台

順位 選 手 マシン 国 名 タイム トップとの差
1位 ペテランセル ヤマハ フランス  65時間14分37秒  
2位 ギャラルド カジバ スペイン  67時間49分53秒  2時間35分16秒
3位 カステラ ヤマハ フランス  68時間11分02秒  2時間56分25秒
4位 ルイス KTM アメリカ  68時間42分52秒  3時間28分15秒
5位 フォン ツィツェヴィット KTM ドイツ  69時間43分15秒  4時間28分38秒


 16日間、8,528キロに及ぶ過酷なラリー、『1997ダカール~アガデス~ダカールラリー』で、ヤマハ・モーター・フランスのステファン・ペテランセル選手が19日、セネガルの首都・ダカールのピンクレイクに到着し、優勝した。大会優勝はペテランセル選手にとって5度目、ヤマハにとっては8度目となる。

 XTZ850 TRXを駆るペテランセル選手は、序盤からラリーを常にリード。
最終ステージでは転倒したチームメイト、デビッド・カステラ選手を待ち、カステラ14位、ペテランセル15位でフィニッシュしたが、ペテランセルは「今回はデビッドのお供役だったね」と余裕のジョークで群衆を笑わせた。5度目の大会優勝については「これ以上素晴らしい勝利はないよ! ヤマハにも、僕自身にも何のミスもなかった。今回でヤマハの2気筒に乗って5年になるが、マシンは完璧で、信頼性の高さも再確認できた。3度目の大会優勝の時、シリル・ヌブーの記録(5回優勝)に挑戦したいと思ったんだけど、彼に追いついた今は、6度目の優勝を考えてるよ」とペテランセル。チームメイトのデビッド・カステラ選手も3位と健闘、表彰台にはふたりのヤマハ・ライダーが並んだ。

 ヤマハ・モーター・フランス社長のジャン・クロード・オリビエは、「20年にわたるダカール参戦で作り上げた素晴らしいチームが、この勝利をもたらしてくれた。この優勝は、チームと、ヌブーの記録に並んだステファンへのごほうびだね。来年もタイトルを守るために、我々はまたここに戻ってくるよ」としめくくった。


ページ
先頭へ