本文へ進みます

ヤマハ発動機の技と術



空冷 / 水冷

Yamaha motorcycle Technology

MENU

空冷と水冷、どっちがいいの?

エンジンは燃焼によって発生する熱を、いかに逃がすかが性能安定化のポイントです。その方法には「空冷」と「水冷」があります。
空冷とは、文字通り熱を空気中に逃がすもので、走行風を利用します。そのためエンジンの外面には「フィン」と呼ばれるヒダ状の加工が施され、空気との接触面を多くとっています。特殊な装置が不要でシンプルかつ軽量なので、昔から多くの実績があります。
空冷の特徴であるフィンのデザインも魅力のひとつ。なおスクーターなどエンジンがボディに覆われている場合は、エンジンの回転力を使いファンを回し、フィンに空気を送り冷却を促進する仕組みがあり、これは「強制空冷」と呼ばれています。
一方の「水冷」では熱を逃がすのに水を使います。硬水でも軟水でも水道水でもなく、凍結や錆防止のためにアルコール成分を含む専用の冷却液が使われます。エンジンはこの冷却液が循環する水路で囲まれる構造をとります。冷却液を効率よく冷やすために、ラジエターと呼ぶ装置を走行風のあたるとことに取付け、冷却水の温度を下げて潤滑させています。
水冷のメリットは、外気温変化の影響を受けにくくエンジン性能が安定すること、水分が振動を減衰するのでメカノイズが低減されることなどです。冷却液用の通路やパイプ、ラジエターなどが必要なので空冷に比べ構造は複雑となりますが、安定的に性能を引き出せる利点から、多くのモデルで水冷は採用されています。

 
 
 

Related Technology

 
ページ
先頭へ