本文へ進みます

ARIGATO CHOCOLAT

食 × アート × モビリティのスペシャルイベントにTRICITYが登場。

MENU
ARIGATO CHOCOLAT

開催概要

ピエール・エルメ・パリが、フランス人アーティスト K-NARF とのコラボレーションにより、10月2日から11月8日まで、スペシャルプロジェクト「ARIGATO CHOCOLAT(ありがとうショコラ)」を実施します。ピエール・エルメ・パリの依頼を受けた K-NARF は、CHOCOLAT(ショコラ)に関する一連の「想像上の」広告ポスターやショートフィルムを創作します。このユニークなプロジェクトの一環として、K-NARFがヤマハ発動機のフロント2輪のスクーター「TRICITY(トリシティ)」で映写機を製作しました。
トリシティはフロント2輪という新しさがありながら、あらゆるシーンや年代の方にマッチさせたデザイン。その現代的で自由な側面を活かしつつ、K-NARF が昔ながらの屋外映画館 "travel cinema(トラベル・シネマ)"をイメージした映写機を創作、"Photograpic Contraption(からくり仕掛けの写真機)"と呼ぶにふさわしい彫刻作品を完成させました。会期中は、この特別なトリシティがピエール・エルメ・パリ青山に展示されます。またフィルム上映会が、原美術館(品川)の庭園で開催され、ショコラやショコラショーを召し上がりながら、ショコラをテーマにした短編映画を上映、K-NARF本人によるメイキング紹介などが開催されます。

K-NARF

K-NARF

1970 年生まれ、フランスとオーストラリア両方に国籍を置く写真家 K-NARF は「ブリコラージュ」(フランス語で「寄せ集めて自分で作る」という意味)の概念を作品に反映し、ガラクタを寄せ集めて作った立体作品をヴィンテージ風の写真で映し出します。K-NARF が目指すのは、完全に想像上のネオヴィンテージによる写真世界の創出なのです。
作品は、スコッツデール現代美術館、シドニー美術館、日本文化芸術財団、パリのイッセイミヤケなどで展示されています。

ピエール・エルメ

ピエール・エルメ

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者として著名なピエール・エルメは、常に創造性あふれる菓子作りに挑戦し続け、独自の"オート・パティスリー"(高級菓子)のノウハウ伝授にも意欲を燃やしている。多くのスイーツファンから絶賛を浴び、同業のパティシエたちからも畏敬されている。その鬼才ぶりは世界的に認められ、ヴォーグ誌から"パティスリー界のピカソ"と賞賛された。徹底的に素材にこだわり、精緻な技巧を駆使して創り上げる絶品の数々はどれも清楚な美しさを見せる。
"味覚の喜びだけが唯一の指針"をモットーとするエルメは、真に独創的な『味覚・感性・歓喜の世界』を構築している。

イベント概要

「ARIGATO CHOCOLAT(ありがとうショコラ)」

展示期間 2015年10月2日(金)〜11月8日(日)
会場 ピエール・エルメ・パリ 青山(東京都渋谷区神宮前 5-51-8)
時間 1F 11:00 〜 20:00
2F 12:00 〜 20:00(ピエール・エルメ・パリ 青山の営業時間に準じます)
主催 ピエール・エルメ・パリ
協力 ヤマハ発動機株式会社

「TRAVEL CINEMA」~上映会のお知らせ~

日程 2015年10月24日(土)
会場 原美術館(東京都品川区北品川4-7-25)
時間 18:30 〜 20:00
参加費 2,500円(税抜)
定員 30 名
ページ
先頭へ