本文へ進みます

International Design Excellence Awards

International Design Excellence Awards 受賞製品をご紹介します。

MENU

2018

モーターサイクル(コンセプトモデル)

MOTOROiD
Gold
MOTOROiD

“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ”を目指したコンセプトモデル。知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保つ。また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI(Human-Machine Interface)機能などを備え、まるでパートナーのように振る舞う。“移動の道具”を超えたモビリティの未来像を提案した。

2017

モーターサイクル

XSR900
finalist
XSR900

趣味の対象としてモーターサイクルを楽しむ文化が定着している先進国で、「伝統的」なスタイルを好む層に向けた製品。シンプル・レトロな外観と最先端技術による走行性能という新たなコンビネーションによって、所有する悦びと乗る楽しさを提供するモーターサイクル。

スクーター

NMAX
finalist
NMAX

欧州や日本などの先進国とアセアン地域などの新興国のどちらにおいても、市街地での人々の暮らしで活躍するスクーター。当社独自のコンセプトからなるスポーツスクーターの小排気量クラスを担う製品で、スポーティな走行性能とスタイリング、収納スペースなどの利便性、優れた燃費・環境性能が特徴。

e-Bikeシステム

PW-X
finalist
PW-X

電動アシスト自転車のためのシステムユニット「PWシリーズ」のマウンテンバイク用。軽量コンパクトなドライブユニットとバッテリー、シンプルで操作性に優れたマルチファンクション液晶ディスプレイ&スイッチユニットで構成される。オフロードスポーツの世界に新たなスタイル、楽しみ方をもたらした製品。

電動アシスト車いす(コンセプトモデル)

&Y01
finalist
&Y01

波間を思いのままに駆け抜ける白いヨットをモチーフに、ヤマハとヤマハ発動機が共同開発したワーキングコンセプトモデル。電動アシスト車いす「JWスウィング」の座席後ろにヨットの帆や音符をイメージさせる薄く、軽く、柔軟な「TLFスピーカー」、両輪には薄型パーカッションを組み合わせ、「楽器に乗る」という新たな体験を生み出す。

2016

ボート

242Limited S
finalist
242Limited S

ジェット推進スポーツボートの最上位モデル。新設計船体、可動式キール(竜骨)の採用で直進安定性と操縦性を高め、電子機器操作や情報表示を集中管理できる新型ディスプレイシステムなどによって快適性を向上。クルージングやトーイング、停泊してリラックスタイムを楽しむ北米型マリンレジャーの醍醐味を強くアピールした。

2015

産業用無人ヘリコプター

フェーザー
finalist
フェーザー

農業の分野で活躍する⼩型の無人ヘリコプター。

2013

ボート

212X
finalist
212X

走る楽しさとさまざまなマリンプレイを鮮やかに彩る、ジェット推進式のエンジンを搭載したスポーツボート。


ウォータービークル

FX Cruiser SHO
finalist
FX Cruiser SHO

スポーツライディングからクルージングまで、様々なマリンプレイに対応するマルチパフォーマー。

ページ
先頭へ