本文へ進みます

ヤマハ発動機グループ環境計画2050

ヤマハ発動機グループ環境計画2050をご紹介します。

製品別の詳細


 
 
2025マイルストーンに向けた具体的施策 電動化
代替燃料
燃費向上
電費向上
軽量化
耐久性
リサイクル・レンタル
シェアリングなど
二輪車アイコン

二輪車

  • ・省燃費パワー
    トレイン普及拡大
  • ・軽量フレーム技術
  • ・軽量タンク技術
二輪車配車事業社との業務提携による次世代サービス検証
電動アシスト自転車アイコン

電動アシスト自転車

バッテリーユニット(PW-X)の効率改善 ドライブユニットの軽量化推進 販売パッケージ「パスクル」の普及拡大
マリンエンジンアイコン

マリンエンジン

小型電動モデル追加 推進効率の向上 アルミポンツーンの導入拡大
  • ・リビルドの検証
  • ・レンタル/シェアサービスの検証
ボートアイコン

ボート

ハイブリッド、電動機関の搭載の拡充 低抵抗船型の開発 インフュージョン工法による軽量化 マリン事業協会リサイクルシステムの積極的活用
シースタイルの普及拡大
ウォータービークルアイコン

ウォータービークル

  • ・過給器改善
  • ・燃焼改善
  • ・ジェットポンプ効率改善
  • ・超軽量SMC開発
  • ・エンジン軽量化技術
  • ・クローズドモールド工法
シースタイルの普及拡大
産業用無人ヘリコプターアイコン

産業用無人ヘリコプター

電動マルチローターの普及拡大 省力化・高効率マルチソリューション提供機会拡大
ゴルフカーアイコン

ゴルフカー

燃料電池車両の実証開始 燃費性能向上モデル普及拡大 環境負荷の少ない移動システム普及 ラストマイルソリューションの提供 レンタルプラン拡大
電動車いすアイコン

電動車いす

モーター・制御回路・駆動系の高効率化 バッテリーユニット効率改善 新素材の検討
カーボン・アルミボルト
1人乗りモビリティ提案
ページ
先頭へ