本文へ進みます

二輪車「3R」設計について

二輪車設計段階での「3R」対応状況をお知らせします。

二輪車「3R」設計について


 限りある資源を有効に無駄なく活用し循環型社会の構築を図るためには、製品の開発、生産、使用、廃棄の各段階において「3R」(リデュース、リユース、リサイクル)の観点で、廃棄物削減・適正処理に取り組む必要があります。
 ヤマハ発動機グループでは、二輪車の開発において、再生樹脂などリサイクル性の高い材料の採用や、燃費向上に寄与する新しい軽量素材の先行開発・採用を進めるなど、常に「3R」に配慮した設計を行なっています。

各製品の「3R」設計について

ページ
先頭へ