本文へ進みます

事業領域:プール

ヤマハ発動機のマリン:プールをご紹介します。

製品プロフィール

日本のプール需要としては、スクールプール、幼児用プール、レジャー用プール、健康増進・医療用プール、競技用プール、リニューアルプールなどがあります。素材(材質)別では、当社が手掛けているFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のほかには、金属やコンクリートによるプールがあります。
[参考:FRP製プールの利点]
軽量、高強度、加工のしやすさ、耐候性・耐震性・保温性に優れ、工期が短いこと(工場でユニット生産したものを現地で組み立てるため)

事業の歩み

ボートの開発製造において実績を重ねたFRP技術を活かし1974年に日本で初めてオールFRP製プールの製品化に成功、数多くのプールを日本全国で納入しています。
スクールプールの累計出荷は国内トップの実績となるとともに、近年幼保プールの販売も好調となっています。

当社や市場の現況

公共施設、幼稚園、保育園、小中学校等ではプール施設の老朽化が顕著になってきており、長寿命化のための改修需要が増えてきています。
また、プールは高齢者や障がいのある方でも、安心してウォーキングや水中運動が行えるため、福祉施設や民間スイミングクラブ等では、健康増進を目的に多くの方に利用いただいています。
当社では、世代やライフスタイル等、さまざまな利用目的にあった製品ラインアップの拡充や、環境に配慮したプールのリサ イクルやリユース、プール本体以外の周辺機器や新技術の導入等を積極的に進めています。
また、韓国などアジア近隣国を中心とした海外市場へも、25mプールや幼児用プールを展開しています。
プールのリーディングカンパニーとして、企画設計から製造・施工・アフターサービスまでトータルにサポートしています。

主な生産拠点

名称 所在地
ヤマハ発動機(株)新居事業所 静岡県湖西市
2019年 公共スクールプール(20m以上)
の国内総需要と素材別内訳(当社調べ)
グラフ
2019年 FRP製プール(20m以上)の
国内総需要と当社出荷基数(当社調べ)
グラフ
当社プール事業の売上高の推移
グラフ

企業情報

ページ
先頭へ