本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

FRP小型船舶リサイクルシステム

FRP小型船舶リサイクルシステムをご紹介します。

FRP小型船舶リサイクルシステム

FRP小型船舶リサイクルシステムとは?

 FRPを材料として使用している小型船舶(モーターボート、ヨット、PWC、漁船など)、いわゆる「FRP船」を対象として実施します。
 FRP船(ガラス繊維強化プラスチック)リサイクルシステムは、一般社団法人日本マリン事業協会のFRP船リサイクルセンターが実施主体となり、委託先の指定引取場所に収集された廃FRP船を粗解体した後、FRP破材を中間処理場に運搬し、破砕・選別等を行い、最終的にセメント焼成することによりリサイクル(マテリアル・サーマルリサイクル)を行うものです。
 弊社は、一般社団法人日本マリン事業協会のリサイクルシステムに参加し、お客様が廃棄・リサイクルを希望されるFRP船につきまして、責任を持って適正処理・リサイクルを実施します。
「FRP小型船舶リサイクルシステム」をご理解いただき、お客様のご協力をお願いします。

リサイクル対象、地域とスケジュール

(1)対象はヤマハが製造、輸入したFRP船

当社が製造または輸入した小型船舶(ボート、ヨット、PWC、和船、漁船、漕艇)で、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を材料として使用している小型船舶は総て対象です。

(2)実施地域とスケジュール

申し込みについて

各地域の登録販売店へお申し込みください。登録販売店は、下記よりご確認頂けます。

システムの流れ

具体的なシステムの構成は以下の通りです。

フロー図
facebookで共有する ツイッターでつぶやく googleプラスで共有する mixiチェックで共有する